健康的なお肌

レーザー脱毛で全身脱毛

全身脱毛を用いるデメリットをここでは紹介してこうと思います。

 

全身脱毛におけるメリットは少ない痛み、肌への負担の軽減、手頃な価格、一度に脱毛出来る範囲が広いなど、多岐に渡ります。
ではデメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

・産毛や細い毛には効果がない場合がある
光脱毛は毛の持つメラニン色素を利用します。
そのため、産毛や細い毛など、メラニン色素が少ないものに対しては本来の効果が期待出来ません。
メラニン色素の多い太い毛ほど光の熱量が浸透していくからです。

 

・肌が色黒だと脱毛出来ないケースがある
産毛や細い毛はメラニン色素が少ないため効果が期待出来ないと書きましたが、逆にメラニンが毛以外の場所に多過ぎると、やはり効果は期待出来ません。
というか、この場合は毛以外の肌の部分のメラニン色素にも光が影響してしまうからです。
そのため、光が毛ではなく肌に影響を及ぼしてしまい、火傷などを引き起こしてしまうのです。
本来脱毛サロン側が正しく判断し、そのことをお客様に伝えて解決すればいいのですが、このような可能性があることを知っておくのは必要だと思います。
ただ、程度によりますので、ご自身の肌が光脱毛出来る肌なのかどうか、脱毛サロンとよく話し合って下さい。

 

・効果が一時的なものである
光脱毛をしたからと言って、永久にムダ毛が生えてこない訳ではありません。
しかし、毛根にはダメージが蓄積されるため、またムダ毛が生えてくるとはあっても。施術の度に毛は弱く、補足なっていきます。
ただし、光脱毛の効果がある時間は医学的にはまだ断定出来るものではありません。
10年以上効果が持続したという報告もあるため、個人差が大きいと言えるでしょう。
また、光脱毛は時が経ってまたムダ毛が発生してきても、再度施術をすることにより、その時点からさらに数年間ムダ毛を取り除くことが化膿です。
自分で処理する場合に比べ、格段に少ない回数で脱毛出来るため、肌へのダメージは最小限に止められます。

 

上記の様なデメリットはありますが、メリットがかなり多いため、光脱毛が望まれるのは当然と言えます。
以下、デメリットとは言わないまでも、光脱毛を受ける際の注意点に関しても記述していきます。

 

光脱毛で使う光は、一般的な医療用レーザー光線よりも波長が長く、そのため該当部位の毛根に届き易いです。
しかし、脱毛サロンは医療機関ではないので、治療行為に該当する行為を行うことが出来ません。
そのため、機器のもつ本来のパワーを最大限発揮するさせることは出来ません。
しかし、光脱毛はそのセーブされた出力のため、同時に肌への負担も少ないのです。

 

しかし、パワーが弱めということでも、やはり施術に多少の傷みは伴います。
パチッパチッといった感じの痛みが瞬間的に発生します。
これは光エネルギーがメラニン色素に通った瞬間に発生する痛みです。

 

また、光脱毛は、妊娠中の方、出産直後、何かしらの皮膚疾患を持っている場合、服薬中の場合、紫外線アレルギーのある場合、脱毛を希望する部位にほくろやあざがある場合などです。
また、IPL脱毛を使用する場合は、他にも感想肌の場合、施術が出来ないこともあります。

 

基本的に体調が普段と違う場合は思わぬ反応を引き起こすことがあるため、施術は控えてください。

 

2児の娘の母親として、日々「仕事」と「子育て」「老化」と戦っている40代のキャリアウーマン
美代子です。
私は20代の時から、美容に関することに興味があって、仕事もそのような関係の職についています。
結婚を期に仕事から一度は離れたのですが、心のどこかにポッカリと穴が空いてしまったような毎日
を数年過ごしてました。

 

もちろん、その間に出産&子育てに追われ、それなりに喜びを感じてはいましたが、出産後に
変化した自分の体系を見てこれでは女性として終わってしまうと、いつからか恐怖観念も出てきたのです。

 

そこで元々働いていた職にもう一度復帰したいと旦那に頼んだところ、気持ちよくオーケーのお言葉。。
この人と結婚して良かった!と感謝しています。

 

職に戻ると同時に、私は自分の鈍りきった体を昔のように戻すべく、磨いていくことになります。

 

今では、人からは20代半ばといわれるまでに回復して、とても毎日が楽しいですよ!

 

さて、ここで私が思ったことは、必ず私と同じケースの女性も多くいるだろうと・・・。
そんな人達の為に、私が何かできないだろうかと考え、結果、インターネット上で情報を提供しようと
脱毛サロンガイドブックを始める経緯に至った訳になります。
是非、子育てに追われ自分を磨き上げることを忘れてしまったような専業主婦の人達の感性に少しでも
届いてくれたらいいな。

続きを読む≫ 2014/09/05 20:51:05

【皮膚の炎症】
毛抜きでの処理は、毛を引っ張るのと同時に皮膚も引っ張られています。毛穴を無理矢理に広げることで雑菌による感染が起こりやすくなり炎症を引き起こしてしまいます。痛みや痒みを共い病院での治療が必要になってくる場合もあるほどです。またカミソリでの処理は2,3日おきなど頻繁に行わなければならないので、その分お肌へのダメージも大きく過敏症を引き起こしたお肌は炎症も起こりやすくなるということです。

 

【感染症】
お風呂の中でT字カミソリを使ってお手入れ...なんて方も多いかと思いますが、実はお風呂場というのは雑菌が多く、水分を含んで柔らかくなったお肌は非常にデリケートになっています。そこにカミソリをあてればお肌は大きなダメージを受け雑菌も入りやすくなってしまいます。

 

【埋没毛】
毛抜きや家庭用脱毛器で無理矢理に毛を抜くと、毛穴は広がり増血作用によって毛が太くなることがあります。そのうえ毛根が曲がってしまったり角質層が厚くなってしまっりすると埋没毛を招きます。埋没毛とは、見た目では透けて見えているのに皮膚の下で毛が成長してしまい触れることの出来ない毛で、無理に皮膚を破って毛を引っ張り出したりとすると、傷のついたところから化膿したり赤く腫れ跡がのこってしまったりしてしまいます。

 

自己処理によるお手入れでは、2,3日でまたすぐに毛が生えてきてしまいます。そこため頻繁に自己処理を行わなければなりません。ということは頻繁にお肌にダメージを与えることになる、ということです。

 

上記のように自己処理に伴うリスクと、自宅で出来る、安価で出来るなどのメリット、あなたはどちらを選びますか?
答えは皆さん同じかと思います。

 

そもそもは美しく見せようと思って始めるムダ毛処理ですが、消えない傷を残してしまったり病院のお世話になる事になってしまっては本末転倒ですよね。

 

脱毛サロンや医療機関での施術では、毛1本1本の毛根から働きかける処理をしていくので埋没毛を招く恐れなどはまずありません。
また施術を受けて負担のかかったお肌へのアフターケアもしてくれるので、毛穴の綺麗なお肌へと導いてくれますよ^_^☆

続きを読む≫ 2014/02/05 19:16:05